政治

なんで東京でオリンピックなんかやるんや?

元スレ:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1496237865/

1: 名無しさん@おーぷん 2017/05/31(水)22:37:45 ID:Oe6
別にみんなやりたいって言ってへんかったよな?

続きを読む

舛添知事は辞任するべき?

元スレ:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1465263652/

1: 名無しさん@おーぷん 2016/06/07(火)10:40:52 ID:uQa
どうせ次もろくでもない芸能タレントが知事になるんだろうから正直どうでもいいよな…

続きを読む

【社会】低年金の高齢者に打撃…改革関連法案、支給さらに抑制

元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1457736363/

1: 旭=614 ◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★(★ **15-WFjS) 2016/03/12(土) 07:46:03.53 ID:CAP_USER*.net BE:348439423-PLT(13557)
sssp://img.2ch.sc/ico/samekimusume32.gif
政府は十一日、二〇一八年四月から公的年金の額の伸びを
低く抑えることを柱とする年金制度改革関連法案を衆院に提出した。
将来世代に年金財源を渡す狙いがあるが、低年金のお年寄りらが
打撃を受ける可能性がある。
厚生労働省は原案を昨年つくったが、政府・与党は集団的自衛権行使を
容認する安全保障関連法などの審議を優先し、国会提出を
見送った。今国会も夏の参院選を前に高齢者の反発が
予想されるため、成立を見送る可能性もある。

*+*+ 東京新聞 +*+*
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201603/CK2016031202000126.html 
VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

続きを読む

【社会】東日本大震災ボランティア、激減…発生直後比わずか1.5%

元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1457237800/

1: 旭=985 ◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★(★ **93-bY13) 2016/03/06(日) 13:16:40.67 ID:CAP_USER*.net BE:348439423-PLT(13557)
sssp://img.2ch.sc/ico/samekimusume32.gif
東日本大震災からまもなく5年です。福島県では、県外からの
ボランティアが震災直後に比べてわずか1.5%に減っていることが分かりました。

福島第一原発から20キロ圏内の南相馬市小高地区は、避難準備区域が
来月にも解除される見通しです。しかし、家屋や畑は震災直後から
荒れたままになっていて、住民の帰還に向けて片付けなどに人手が
必要な状況です。また、市が帰還を見込む5000人の住民の多くは
高齢者だということです。

*+*+ tv asahi +*+*
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000069739.html 
VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

続きを読む

彡(゚)(゚)「政治を語ったら意識高い系ってアホか!」

元スレ:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1448934544/

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/01(火) 10:49:04.81 ID:AlX/7lo60.net
(声)政治の話は「意識高い系」?

大学生 菅晟伍(東京都 21)

私は物心ついた時から政治が好きだ。政治は「日常の一部」であり、政治の話をすることに抵抗感は
なかった。核廃絶決議に関してツイッターでツイートしたところ、友人から「意識高い系ツイートば
かりするな」とリプライ(返信)された。その友人のリプライに、多くの「いいね」が付けられた。

ある人が「野球」好きであるのと同様に、私は「政治」が好き。野球好きが野球関連のツイートをした
としても、不快感を抱く人は少ないだろう。

続きを読む

【社会】朝生で自民党議員が一般人(建築板金業)を装って「民主党政権時代よりよくなった」と発言 ★3

元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1451740040/

1: 旭=498@天麩羅油 ★ 2016/01/02(土) 22:07:20.35 ID:CAP_USER*.net
テレビ朝日で放送された「朝まで生テレビ!」にて自民党議員が一般国民のふりをして観客に紛れ込み、「現在の自民党政権下は民主党政権時代よりよくなった」という発言を行った。
信じられない問題行動にネット上に非難の声が殺到している。

建築板金業を営む大森昭彦さんは朝生の観客としてマイクを渡された。


大森さんは冒頭で「ゼネコンは別として、町工場レベルではアベノミクスで利益が増えたという実態はない」と4分ほど話す。そして、その後、田原総一朗氏に
「じゃあ民主党も自民党も変わりはない?」と尋ねられると、笑いながら少し下を向き、
「あの、民主党政権のときよりはよくなったかなと、そういう印象はあります。なぜかというと物流としてモノが流れるようになって取引が生まれたので」と話した。
この言葉にかぶせるように「やや良くなったと」という声が飛ぶ。

要するに放送は、民主党から自民党に変わってから景気がよくなった、改善したと現状を褒める内容だった。議論が巻き荒れる中で自民党の功績を認めたのだ。しかしこの大森昭彦さんについて後で驚愕の真実が判明する。

なんと、この男性は自民党に所属する現役の大田区議員なのだ。

▼公式HPで調べればこの通り。プロフィールには確かに板金業を起業した過去が書かれているが、一般国民を装って自民党を持ち上げるのは倫理的に問題があるのでは…。

以下ソース
http://netgeek.biz/archives/63078


★1の立った日時2016/01/02(土) 19:17:46.80
※前スレ
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1451735125/

続きを読む

【悲報】自民党「児童手当3000円やめます」一方で

元スレ:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1450313173/

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 09:46:13.80 ID:Nijn6Neda.net
自民党「高齢者には3万円配るンゴオオオオオ」

<低年金者給付金>補正予算案に「1人3万円」盛り込む方針

 政府は2015年度補正予算案に、所得の低い年金受給者を対象にした1人3万円の給付金を盛り込む方針を固めた。
安倍政権の掲げる1億総活躍社会実現に向けた対策の一つで、低年金者の家計を支援することによって個人消費の底上げを狙う。対象者は約1000万人とみられる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151124-00000007-mai-pol

続きを読む

【経済】先進国全体で消費が落ち込みモノを買わなくなる傾向・・・資本主義がいま危機に瀕している

元スレ:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1446076473/

1: 海江田三郎 ★ 2015/10/29(木) 08:54:33.59 ID:???.net
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/46054

欲しいモノが特別ない世界。シェアという考えが浸透しつつある世界――。
はたして、これは消費の飽和なのか、一時的な物欲の減退なのか。欲しいモノがない世界では、
どんなことを豊かで、幸せだと感じるようになるのだろうか?

編集者の菅付雅信さんによる著書『物欲なき世界』が11月4日に発売される。インタビューを通じて、
ファッション、ライフスタイル、経済、思想、カルチャー……本書で編まれた横断的なトピックについて聞いた(文・佐藤慶一/写真・神谷美寛)。

モノではなく「コトやコミュニティを売る」
――ソーシャルメディアの普及によって誰もが丸裸にされてしまう実情を描いた『中身化する社会』(星海社新書)
から2年越しの著書となります。前著とのつながりを教えてください。
菅付:今回の『物欲なき世界』は『中身化する社会』の続編に当たります。
前著を書くなかで「物欲なき世界はどうなっていくのか」というテーマが見えてきました。

そもそも前著を書いたきっかけは、ファッションニュースサイト「モードプレス」の岩田奈那編集長から、
トレンドではなく「ファッションがこれからどうなるのか」について考察する連載をしないかと依頼を受けたことです。
そのとき、現代はファッションが必要とされない社会になりつつあると思い、それをテーマに書こうと漠然と考えていました。
数日後、たまたまニューヨークに行く予定があったんですが、世界でいちばんオシャレな街だったはずなのに、
ニューヨーカーたちが本当にカジュアルになっていることに気付きました。

一般人だけでなくファッション業界の人までもが服装にお金をかけなくなりつつあることに強いインパクトを受け、
ファッションにお金やエネルギーをかけるのは時代遅れになったのではないかという仮説を立てました。
同時にその背景には、ソーシャルメディアの爆発的な普及が関係していると考えました。
当時(4年前)、新しいモノ好きなニューヨーカーたちは移動中やカフェで過ごす時間にとにかくタブレットや
スマホを見ていました。多くの人がツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアを通じてファッション以外にも
自分の考えや個性、スタイルを発信できてしまう。そうであれば、もうファッションにエネルギーを使う必要がなくなると思いました。

このきっかけをもとに調査や取材を進め、2013年2月に『中身化する社会』を刊行しました。
ただ、その時点でまだ捉えてきていないテーマがあると感じました。
先進国・先進都市でお金を使わないのはファッションだけではないと考えるようになったんです。

――お金を払わない対象が、消費全体になってきているのではないかと。
菅付:そうなんです。調べていくと、洋服だけではなく、先進国・先進都市において全体的に消費が落ち込んでいる。
もちろんお金は使っているけれど、何に使っているかといえば住居費です。
いまやニューヨークやサンフランシスコの市長選を左右するくらいの大問題にまでなっているのですが、
たとえばマンハッタンで生活している人の平均住居費は生活費の半分近くを占めています。とんでもない比重です。
洋服や家電、車の購入が減っている一方で、住居費はどんどん上がっている。
そのほかに消費が伸びているのは食です。モノを買わない代わりに、自分が口にする食事や人との食事にお金を使うようになっています。
こういった、モノを買わない先進国・先進都市の生活は何のサインを発しているのかを考えるようになりました。
モノを買わなくなると、購買を前提にしていた消費社会や資本主義全体が立ち行かなくなってきます。
そこに興味を持ち、本書を書こうと思いました。

(中略)

続きを読む

30年前 政府「少子化やばいンゴwwww」


元スレ:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1447028529/

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/11/09(月) 09:22:09.88 ID:IYnIcA7/0.net
30年前 政府「少子化やばいンゴwwww」 →まぁ何とかなるやろ
20年前 政府「少子化やばいンゴwwww」 →何とかなるやろ
10年前 政府「少子化やばいンゴwwww」 →回復するやろ
5年前 政府「少子化やばいンゴwwww」 →現状維持するやろ
現在 政府「少子化やばいンゴwwww」

no title

続きを読む

【一億総活躍社会】1億総活躍会議に菊池桃子さん 増田元総務相も[共同通信]

元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1445534623/


1: 丸井みどりの山手線 ★ 2015/10/23(金) 02:23:43.92 ID:???*.net
2015/10/23 02:00
 政府は22日、「1億総活躍社会」を実現するための具体策を検討する「国民会議」の民間のメンバーに、
タレントで戸板女子短大客員教授の菊池桃子さんや増田寛也元総務相らを充てる方針を固めた。加藤勝信1億総活躍担当相が23日に発表する。

 知名度が高く、子育てをしながら女性のキャリア教育などに関わる菊池さんをメンバーに加えることで、
「希望出生率1・8」などの目標達成に向けた司令塔役を担う国民会議をアピールする狙いがありそうだ。

 このほか、高橋進日本総合研究所理事長や樋口美雄慶応大教授も起用する。

 政府は国民会議の初会合を29日に開く方向で調整中だ。

引用元:http://www.47news.jp/CN/201510/CN2015102201001784.html

続きを読む
最新コメント
フィンランドの5年生が作った議論のルール

他人の発言をさえぎらない
話すときは、だらだらとしゃべらない
話すときに、怒ったり泣いたりしない
わからないことがあったら、すぐに質問する
話を聞くときは、話している人の目を見る
話を聞くときは、他のことをしない
最後まで、きちんと話を聞く
議論が台無しになるようなことを言わない
どのような意見であっても、間違いと決めつけない
議論が終わったら、議論の内容の話はしない
記事検索
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文